成長の鍵は「苦手」の中にあった〜百聞は一見にしかず〜

こんにちは!はりきゅうルーム岳の我妻 樹(あづま いつき)です

今回は自分の成長のためにセミナーに参加してきました!

 

◆テーマは苦手を体験する

実は今回セミナーに行くのが非常に憂鬱でした。その理由は、知らないところに行き、知らない人と関わり、新しい環境に身を置くことが昔から大の苦手だからです。だからずーっとそういうものを避けることが多かったのです。
もちろん、仕事で必要に迫られて行ったセミナーはたくさんありました。

しかし!

今回は仕事のスキルに直結しないものをあえて選んでみました。

全く馴染みのないジャンルなので、このセミナーに参加しなければおそらく一生出会うことのない方達と関わりを持つことに意味があるのだと思い、一念発起申し込んだのです。
さらに、「仕事で必要だから」というモチベーションを使えなくすることで、自分はどんな気持ちになり、どう行動し、何を得られるのか、自分の殻を破ってさらに成長できるかのチャレンジです!

 

◆当日までの感情

まず、セミナー選びから難攻しました。ついつい仕事に直結するものを選んでしまうのを必死で我慢。最終的に残ったのが「FX入門セミナー」と「右脳を使うメモの作り方」でした。どちらもほとんど予備知識がなく馴染みもないものです。
ただFXは今の所やる予定が全くないので、「右脳を使うメモの作り方」のセミナーに申し込みました。

下の写真に写っているノートが右脳を使いながらとれるノートです!

IMG_3738

人間はよくわからないものに不安感を感じる生き物です。特に私は人一倍小心者なので、憂鬱な気分を払拭できずに当日まで過ごしていました。

 

◆ついに来た!セミナー当日

セミナーの前までグズグズと嫌だな~と思いながら過ごしていました。

時間になれば申し込みをしたわけですから、行かなければなりません。

 

私は方向音痴ではないつもりなのですが、よく迷います。(それを方向音痴と言われてしまうと言い返せませんが…)

ですが、大概は近くまでたどり着くのです。

ほとんどは近くまで行けるので、方向は間違わないのです。この日も例に漏れず近くまで行って、しばらくグルグル、結局5分前到着でした。

30分前に到着するように計算していましたが、危なかったー!

 

緊張しながら受講生の方達と挨拶をかわし、軽く自己紹介です。

会社勤の方がほとんどでしたが、独立起業してる方もいらっしゃったり、みなさん様々な経歴や環境の人たちです。

今回私が一番苦手意識を強く感じていたのが自己紹介です。受講生の方達みなさんが気さくに話してくださったために、私も上手く話せたと思います!

 

ありがたい!

 

このセミナーでは、最初に自己紹介をして少しお話をするワークがありました。

以前の私は、内気で自分から話だす事はないタイプでした。

ですが、受講生の方と意見交換をする事で、緊張が解けて、コミュニケーションをとる事ができました。

この事から気づいた事がありました。

 

自己紹介やちょっとした余談をするだけで、こんなにも心の壁が取り払われ話しやすくなるのかと改めて実感しました。

まずは恥ずかしがらず自己紹介!人見知りの方ほど実践する価値があると思いました。今回の収穫のひとつです!

 

セミナーの内容である「右脳を使うメモの取り方」に関しても

これから先、仕事にもプライベートにも活かせるという貴重な内容でした!

IMG_3728

そして

なんと、あの大リーガーの大谷翔平選手が高校生の時に、目標を達成するために使っていたそうです!


IMG_3737

全く予備知識がない中で参加したセミナーでも、なんとかなりました。

普段選ばないものをあえて選ぶことで、新発見がありました。

自分の新しい可能性を成長させるチャンスになると感じました!

 

◆百聞は一見にしかず

今回私は、今まで避けていたチャレンジをして、大きな気づきを得られました。
何に対し苦手意識を感じるのか、再認識できました。

さらに、始まれば楽しんでできるので、意外と食わず嫌いだったんだということに気付きました。
この気づきが今回、私の大きな財産です。

我妻パワーアップ

今の世の中は、インターネットで調べればなんでも知識として得られます。でもそれは、頭の中でわかった気になっているだけなのかもしれません。
苦手な事も、まずは飛び込んで体験してみる。そのことでしか得られないものがたくさんありました。

昔の先人たちはそのことを知っていたのでしょうね。

時代が変わっても変わらない真理、「百聞は一見にしかず」です。

 

著者 我妻 樹(あづま いつき)

消防士を志すも怪我により挫折。

その頃に父親の知り合いの鍼灸師の方に出会いそれがきっかけで鍼灸師を志す。

2011年はり師・きゅう師の国家資格を取得。鍼灸整骨院で延べ50000人を施術する。

そこで院長を歴任し、運営やスタッフの指導を行う。

猫好きで、実家には2匹の猫がいる。しかし、本人の気持ちと相反して、体質は猫アレルギーである。

夢は猫のお腹に顔をうずめることだが、未だ実現できていない。