花粉症・アレルギー性鼻炎

花粉症・アレルギー性鼻炎専門

当院の3つの特徴!

〈特徴①〉花粉症の改善に特化した技術

 当院の施術では、花粉症の施術を徹底的に磨いています。花粉症の症状を解決するためには、一般的な鍼灸の技術だけでは足りません。

 全身状態を把握し、多方面から分析することで、症状の根本原因が浮かび上がってきます。

〈特徴②〉国家資格プラスαの専門知識

国家資格とは、国から認められた教育機関である専門学校で、所定の学科や実技をクリアして、厳しい国家試験を合格した者だけが与えられる資格です。

当院は、国家資格プラスαの専門知識で、お客様の深い悩みに応えています。

どんな悩みでもまずはご相談ください。

〈特徴③〉院長の強い思い

「今の辛い症状だけ治ればいい」とは、思っていません。

身体の症状が楽になったら、あなたが本当にやりたい事はなんでしょうか?

症状改善の先にある、あなたの笑顔や幸せを当院の施術は、目標にしています。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 妊娠中・授乳中で薬を飲めない、飲みたくない
  • 仕事でマスクがつけられない、支障が出る
  • 鼻炎薬を飲むが、効果がない
  • 花粉症・慢性鼻炎を根本から改善したい
  • 子どもにこれ以上、薬を飲ます事に抵抗がある
  • 毎年、春を楽しめない

通院をスタートした1シーズン目で花粉症が信じられない位に改善し、薬が全く必要でなくなりました。

お客様写真

私は高校生の頃から春になると涙や鼻水が止まらなくなり、2月から5月まで毎年薬を飲み続けていました。
薬は喉の乾きや眠気などの副作用もありましたが、症状が治まるなら仕方ないと諦めていました。

2017年の花粉シーズンが始まった頃、かかりつけの鍼灸院の先生に「花粉症は鍼で良くなるのですか?」と聞いたところはりきゅうルーム岳を紹介され、私の花粉症の鍼施術が始まりました。

通院をスタートした1シーズン目で特に辛かった鼻の症状が信じられない位に改善し、薬が全く必要でなくなりました。
通院を始めて3シーズン目の2017年の春は、自分が花粉症だという事を忘れてしまう程、状態が良かったので施術に行くことなくシーズンを乗り切りました。

「鍼」といっても丸い小さなシール鍼を身体に数ヶ所貼っていくだけで痛みは全くありません。
小さなお子様でも受けやすいと思います。
もちろん薬のような副作用もなく、施術時間も10分程度で終わるので通いやすさという点も大変魅力でした。

先生は「今、どこがどのように辛いか?」とカウンセリングで毎回じっくりと聞いてくださるのでその結果、施術後にあの症状が軽減された!といった感覚を私は通院の度感じることが出来ました。

日常生活で注意すべきこと等も穏やかな口調で丁寧に教えていただき、本当に信頼できる先生に出逢えたと思っています。お陰さまで春のお出掛けが快適に楽しめます。ありがとうございました。

新田祐比子様 東京都文京区 音楽療法士

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

妊婦生活にとっても相乗効果が得られた

お客様写真

初めての妊娠で、花粉の時期に重なってしまい、耳鼻科の薬も弱いものしかもらえず、困っていたところ、友人から鍼が良いとのことで進められ、自分で口コミが良くキレイな院を探していたところ、「岳」さんを見つけました

 結果から言うと、本当に通って良かったです。アレルギー症状の強い私は毎年ひどく悩まされていたので、行って2回目位からかなりの効果を感じることができました

 施術も早く、アドバイスも沢山頂けたので、生活を見直すいいきっかけにもなりましたし、同時に妊婦生活にとっても相乗効果が得られました。本当に助かりました。

先生にもとても癒され、感謝しかないです。是非オススメです

I・K様 女性  30代

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

眠くなりそうな薬をがまんするより、1度「はりきゅう岳」に足を運ばれてみることをオススメ

お客様写真

子どものころから、アレルギー性鼻炎に悩まされてきました。

季節の変わり目には必ずと言って鼻水に悩まされ、毎日のように耳鼻科の通院でした。そして30代のとき、今度は花粉症と言われ、春はイヤな季節でした。

鼻で悩まされ続けていた私は、インターネットで「花粉症 完治」で検索したところ、「はりきゅう岳」が見つかったのです。医者からアレルギーなんだから、治らないよと言われ続けていたので「まさか…」と初めは半信半疑だったのですが、耳・顔・喉・鼻の専門とあったこと。

「喜びの声」からもほとんどの方が改善したとあったので、さっそく予約を取って行ってみました。

静かな住宅街の中にあり、ここで「はりきゅう」とかやるの?と見まちがえてしまうほどのサロンでした。

先生も親身に話を聞いてくれたこと、花粉症の原因に、甘いもの、油もの、アルコール、そして体の冷えも関係あると言われ、私の場合これらすべての原因にあったのですね…

原因となるものは控えめにして、週1回の通院でしたが、今年は去年の1.5倍の花粉が飛ぶと言われたにもかかわらず、花粉の症状が出てこなかったのです。

主人からは家で使うティッシュがずい分減ったねとビックリしていました。

そして、今年は耳鼻科へは通院していないのです。

針でしたから、副作用もなく施術時間が10分ほどで終わるのがすごくラクでした。

耳鼻科だと1時間も待たされます。

そして毎回先生方も話をじっくり聞いて下さることもうれしかったです。

ほんとに良かった。

花粉症に悩んでいらっしゃる方がいらっしゃいましたら、毎日、1時間も待たされ、眠くなりそうな薬をがまんするより、1度「はりきゅう岳」に足を運ばれてみることをオススメします。

ありがとうございました。

S・R様 50代 女性 東京都墨田区

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

色々な面で健康になり期待以上に満足

お客様写真

5歳の息子が、4歳のときに小児科でアレルギー性鼻炎、あと喘息と医師から言われ、薬を飲み続けてきました鼻水は出ないのですが、いつも鼻声、しだいに夜中睡眠中に無呼吸になるようになり、一向に良くなる気配がありませんでした。そんな時にこちらのはりきゅうルーム岳を紹介していただき、シールの施術をはじめました

 院長は息子に対して変に子供扱いする事なく、真摯に向き合ってくれます。息子もそんな先生が大好きで岳登先生とお約束したから」とお菓子や揚げ物を食べるのを自らやめていました気長にという気持ちで始めましたが、1回目の施術で無呼吸の回数が減り、効果が得られました。約3ヶ月通いましたが、無呼吸はほぼなくなり、まだいびきはしますが、スヤスヤと眠る日が増えてきました。お菓子を減らすことにより食事もしっかりととるようになり、車酔いがなくなり、遊園地の乗り物に乗れるまでになりました

 睡眠の質がよくなってきたので、朝も今まではダルそうでしたが、目覚めも良くなってきました。「鍼」と聞くと怖そう、痛そうなイメージですが、全く痛みはなく息子はシールペッタンを楽しみにするぐらいです。すぐ横にアスレチックの公園もあり、通いやすかったです。

 無呼吸を良くするという目標でしたが、プラス色々な面で健康になり期待以上に満足しています子供のアレルギー性鼻炎で悩まれてるお母さん、自分自身の体ではないですし、とても心配ですよね。是非はりきゅうルーム岳の扉をひらく事をオススメします。

 

T・T様 4歳 男の子

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

花粉症を一緒に改善しようと言う気持ちが感じられます

お客様写真

同僚の知り合いがやっている医療サイトで、花粉治療で人気の鍼灸院があると聞き、昨年予約連絡をしたものの、満員で受けられず。

一年待ちで念願の治療を受けることができました。

以前はかなりの花粉症で、夜寝られないことや肌荒れがひどく外出を控えることもありました。

鍼治療は初めてで不安もありましたが、まったく痛みはなかったです。

当初はほんとにこれで効くのか半信半疑でしたが、少しずつ良くなっているのを感じました

毎回症状など詳しく聞いてくださり、次々に出る症状に合った治療をしてくださり、今年はかなり楽に過ごせました。アレルギー体質でクリームや飲み薬が合わないこともあるため、鍼は私に合った治療だと感じています。

とても丁寧に話を聞いてくださり、花粉症改善に向けての日常生活のアドバイスもあり、花粉症を一緒に改善しようと言う気持ちが感じられます

来年もよろしくお願いします。

I・E様 40代 女性 東京都練馬区

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

花粉症ってなに?

現在、日本人の人口の割合でどのくらいの方が花粉症か知っていますか?

 実は日本人の約25%、つまり4人に1人は花粉症といわれています。中でも1番多いのが「スギ花粉」といわれています。目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉のかゆみなどに悩まされています。その症状が現れるのは、2月〜4月頃のアレルゲンとなる花粉が飛散している時期からが多いです。

 通年性のアレルギー性鼻炎では、ハウスダストやダニなどがアレルゲンとなります

 

花粉症の仕組みは?

 花粉症ってどのようなことが身体に起きて、症状が出るか知っていますか?

花粉症とは、アレルギーの病気です。そのアレルギー反応とは、自身の身体を守ろうとする働きなのです。

つまり、花粉症になる仕組みは次のようなサイクルが身体の中で起こっています。

 花粉が鼻の粘膜に付着→花粉を侵入者として認識→身体から排除しようとする→くしゃみで吹き飛ばし、鼻水で洗い流し、鼻づまりで蓋をする。粘膜が腫れ上がりかゆみが出現する。

アレルギーは、一般的に治らないと言われています。西洋医学での花粉症に対するアプローチは、症状を対処する方法になります。

病院や鍼灸の一般的な処置やアプローチの方法

病院での処置方法 は3つ!

〜「薬」「レーザー」「舌下免疫療法」〜

薬について

病院などの医療機関では主に、花粉症の治療方法は薬剤での対処療法が多いです。

花粉症の症状別で、処方される薬は違ってきます。症状別として、鼻の症状には内服薬や点鼻薬が処方され、目の症状には点眼薬で症状を抑えていきます

花粉症の薬は、鼻水だけでなく、粘液全体の分泌を抑制する働きがあります。そのため、症状が軽くなるのと同時に、副作用が出るものが多いです。

症状が強ければ強いほど、強い薬でないと効果がないため、副作用も強くなります。副作用として多いのは、眠気、口の渇き、のぼせ感など

中には薬で効果を感じられる方もいますが、薬の効果がなく、半ば諦めている方も少なくありません。

レーザーについて

薬以外の方法として、レーザー療法もあります。これは、鼻の粘膜をレーザーによって、「焼く」・「タンパク質を変性させる」という方法です。

この手術により、鼻水、くしゃみ、鼻づまりは約50〜80%は改善されるといわれています。

しかしこの手術の効果は、だいたい1〜2年で効果が消失してしまいます。何十年もある長い人生を考えると1〜2年という期間は、ほんの短い期間だけの対処法のようにも感じますね。

「舌下免疫療法」(減感作療法)について

「舌下免疫療法」(減感作療法)とは、アレルギーの原因となるスギなどを、ごく微量ずつ身体に投与し、抵抗力(慣れさせる)をつける方法です。

液体状のアレルゲンを毎日、舌の下に垂らしていきます。最初の1年間は、2週間に1回の通院をします。

 2〜3年目までは効果が体感できないため、モチベーションを保つのが大変と言われています。合計で5年間毎日欠かさずに投与を行い改善を目指します。

効果については、5年間の継続し、約10〜20%の人が改善すると言われています。症状が軽くなったという人は約60%ほどと言われています。

一般的な鍼灸施術について

鼻周辺に鍼をする鍼灸施術

一般的な鍼灸施術では、花粉症やアレルギー性鼻炎では、鼻周辺に鍼をする事がほとんどです。鼻周辺に鍼を行うことで、鍼の特性を利用した、粘膜の炎症を抑える事が目的です。

施術直後は、スッキリ感を得られる事が多いです。しかし、数日すると症状が戻ってしまう事が多い人もいます。

鼻周辺の鍼灸施術では、花粉症の症状を少しの期間、緩和させる事には適していますが、症状の根本から良くすることは難しいです。

花粉症・鼻炎の人は、特徴として「顔に熱がこもる」!

花粉症はスギやヒノキなどのアレルギー症状であるため、「治らない」という認識が一般的な評価です。そんな常識を覆すのが、当院の施術法にあります。

花粉症で悩んでいる人は、「顔に熱がこもっている」という特徴があります。この「熱」がアレルギー症状の正体なのです。

では、どのような仕組みになっているか説明します。

「こもった熱」は逃げ場を求めて、アナ(鼻、目、口)に逃げようとします。逃げようとした熱が粘膜を敏感にさせます。敏感になった粘膜に花粉が付着すると、花粉に反応し粘膜に炎症が起きます。よって鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、喉のかゆみなどが出現するのです。

つまり、熱を顔にためないようにすることで、花粉症の症状を抑える可能性が高まるのです。

当院の行う施術法は顔面にこもった熱を、「取り除く」「巡らせる」「熱の発生源を抑える」。この3つに着目して施術をしています。

顔にこもった熱を「巡らせる」「取り除く」には…うなじのこりが重要!

花粉症を改善させるためには、重要となるのは「熱」のコントロールです。

熱を「取り除き」、そして「巡らせる」事ができれば花粉症の辛い症状もコントロールする事ができます。

熱は性質上、上昇する性質があります。お風呂のお湯を放置すると、上が熱く、下が冷たくなっている事があると思います。人間の身体でも同じ事がおこっているのです。

お湯であればかき混ぜられれば熱を冷ますことができますが、人間の身体では血液などに熱が全身を巡っているため、流れるルートを確保する事が必要です。

その流れるルートを確保するために重要となるのが、うなじのこりです。うなじにこりがあると、熱を下ろすルートが通行止めになってしまい、顔にたまる一方になってしまいます。

根本原因である「うなじのこり」を解決する事ができれば、熱がこもらなくなる。そうすることで、花粉を吸い込んでも症状が出ない状況が作れるのです。