お客様の声

麻痺が治るだけでなく、内面的にも助けられ、明るい気持ちに。

お客様写真

ある日、朝起きたら顔の左半分が動かなくなっていました

目を閉じられない為に一日中涙が止まらず、何か飲んでも手で唇の端を押さえないと漏れてしまっていました。その日のうちにインターネットで調べ、顔面神経麻痺を疑いました。

耳鼻科へ行くと、やはり顔面神経麻痺(ベル麻痺)だと診断され、1週間分の飲み薬を処方されました。薬の内服を続けながらも日に日に症状が悪化していると感じた為、耳鼻科を変え、点滴を始めました。薬を大量に入れることで副作用もありましたが治ると信じ通い続けました。しかし一向に良くならず…。

そこでインターネットで鍼が効果的であると知り、藁にもすがる思いで、予約をし、初めて施術を受けた日。

一度、針を刺すだけですぐに、口角が少し上がったのです。こんなに細い針で、治るんだ!と思いました。通院する度にどんどん回復していき、通院し始めてから3週間でほぼ完治しました。鍼は少し痛そうというイメージはありましたが、恐怖心は特になかったです。

先生もとても優しく親身になって話を聞いてくださり、「絶対治る」と断言して下さったので、とても心強かったです。

麻痺が治るだけでなく、内面的にも助けられ、明るい気持ちになりました。もっと早く鍼と出会いたかったです。

F・M様(ベル麻痺)22歳 女性 大学生 東京都西東京市 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

気持ち的に落ち込むこともありましたが、顔は元通りの状態を取り戻すことができた

お客様写真

喉に感じたことの無い痛みが。

近所の内科で処方された薬を飲んでも症状は一向に良くならず、それどころか日に日に痛みは酷くなり食べものを殆ど飲み込めない状態が2-3日続きました。

そして、翌朝顔の左半分が動かないことに気付いたのです。

病院に駆け込み、喉の帯状疱疹、およびその影響で顔面麻痺の診断を受け、そのまま7日間入院することに。それまでの不規則な生活や出張続きも重なり、発症してしまった様です。

薬の内服と点滴で喉の痛みは数日で収まり、食欲もすぐに回復しましたが、麻痺は治る筈も無く進む一方で不安ばかりが募りました。また、「ハント系の顔面麻痺は病後高い確率で後遺症が残り、完治しない」といったことも分かり、職業柄人と会う機会が多いため、今までどおり仕事を続けられるのだろうかと大変心配になりました。

医師からは「ハント系麻痺は予後が悪いから、退院後様子見てみないと何とも言えないねー」の一点張りで、このまま口が曲がったまま、左目が閉じない顔と付き合っていかなければいけないのかと半ば覚悟しかけました。

入院中にインターネットで色々探し、岳ルームのホームページに辿り着きました。

竹内先生は、私の麻痺の状況と真摯に向き合って下さり、ご自身の経験や勉学に基づいた適切な施術して頂いたと思います。

施術期間の途中では、施術しても大きな改善が見られなかったこともあったり、施術途中段階で顔の写真を撮ると顔の左半分が引き攣っていたりと気持ち的にも落ち込むこともありましたが、左耳に多少の聞こえにくさが未だ残るものの、顔は元通りの状態を取り戻すことが出来ました。今では自分の親を含めて病気のこと知らない人と会っても、自ら言わない限り分からないくらいです

発症後すぐに先生にお世話になり、本当に良かったと思います。私の知人がもし同じ病気になったら、迷わずはりきゅうルーム岳を進めます

M・D様 45歳 男性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

中度の麻痺。顔以外の場所にうったのに、顔の筋肉が動いた!

お客様写真

ラムゼイ・ハント症候群による顔面神経麻痺で、麻痺の程度は中度。

突然右目が閉じられなくなり、口から水がもれ、うがいが出来なくなった時、病院にすぐ行き、自分の病気を知る事が出来ました。病気になった事に対しては仕方がないと自分でも驚く程、冷静に受け止める事が出来ましたが、日常生活が不便・困難だったことと、この先、麻痺が治るかどうかも分からないということがとても辛く、病院では麻痺に対する処置がないため、何か他の方法がないかネットで必死に探しました

ハリが有効な事はすぐに分かったのですが、院ごとに書かれていることが違うので大変迷いましたが、まずは顔面神経麻痺を専門にしている所を選びました。

 “顔に刺さない”、“一回の施術でハリは3~7箇所まで”というのが特徴で、「顔に刺さないのに本当に治るの?」と思いながらも施術を開始しました。実際、ハリは足や腕、お尻等、顔以外の場所にうつのですが、1本打つごとにその効果を確かめながらという丁寧な施術でした。

驚いたのは顔以外の場所にうったのに、顔の筋肉が動くようになった事です。打ったすぐ後に鏡を見て一緒に確認しながら進めていくのですが、動かなかった部位がハリを打っただけで動くのを見て「これなら絶対治る!」と確信しました。

右目が閉じられる、うがいする時に水がもれない、麺がすすれる、ストローで吸える、口を膨らませる事ができる等。こんな当たり前のことが出来なくなっていたのが、以前の様に意識しないでも出来るようになりました。

 

K・N様 40代 女性 事務 兼 主婦 ラムゼイ・ハント症候群(顔面神経麻痺)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。