耳鼻科の医師が驚くほどに聴力が回復

お客様

60代 女性 自営

来院

2020年5月

症状と来院理由

3週間前に突然めまいに襲われた。すぐにめまいは落ち着いたが、電話で右耳から音が聞き取れないことに気づいた。

耳鼻科を受診し、聴力検査を行うと右耳の聴力が低下しており医師に「重度の突発性難聴」だと診断を受けた。ステロイド投薬で様子を見るも症状に変化はなく、2週間後の検査では改善がみられなかった。

男性との会話や電話対応がしにくく、このまま年齢を重ねるとさらに悪くなるのではないかと心配になり、病院以外の方法を探した。NHKで鍼の番組を見て、耳にもいいのではないかと思い「はり 耳鼻科」で検索したところ耳鼻科を専門としている当院のHPを見て来院された。

施術内容と経過

頚肩を触診すると内耳への血流に関わるコリがみられた。コリを緩め血液を耳に促すため肘と足に鍼をした。週に3回の施術を続けると、少しずつ聞こえに変化がみられ、犬の鳴き声が右耳から少し聞こえるようになった。

11回目の施術後、耳鼻科で聴力を測ると前回よりも改善傾向にあった。内臓調整も行いさらに内耳へ血液を送れるよう調整した。繰り返し施術を行うと、駅のアナウンスやテレビの音が聞こえるようになった。電話での会話も少し遠くには感じるが聞こえる。

23回目、施術後の聴力検査の結果では正常値の範囲まで回復し、日常生活に支障なく暮らせるまで回復することができた。

主に使用したツボ

肘溝R 玉横R 腎陽R 

考察

頚肩の凝りを緩めることで新鮮な血液を内耳へ届けることを集中して行うことで耳鼻科の医師も驚くほど聴力が回復した。最初は少しでも良くなればと弱気な面もみられたが、聴力が回復し日常的な音が入ってくることでどんどん治療に前向きになっていった。耳はメンタル面にも関わりが深いため前向きに治療に取り組めたことも改善の要因だと感じている。