うるさくて精神的におかしくなりそうな耳鳴りが消失

お客様

80代 男性 千葉県

来院

2017年6月

症状と来院理由

3月に左耳突発性難聴を発症。病院で薬を処方され服用するも改善の兆しが見られない。6月中旬から耳にモーター音(ウー・キーン)が鳴り、音がうるさく生活が乱れ始めた。夜は1時間おきに目を覚まし、精神的におかしくなりそうになっている。耳鳴りは1日に3~5回鳴り、鳴り始めると2~5時間続く。

耳鳴りをどうにか改善したく、娘さんがネットで検索し、耳の症例が多い当院を見つけ来院に至った。

 

施術内容と経過

初回、内耳に血液を送るため首や肩のコリを緩めた。睡眠が取れないことが回復の妨げになると考え睡眠の改善も同時並行に行なった。

週2回の施術を続けることで、耳鳴りの回数が減り、時間が少しずつ短くなっていった。睡眠の改善が見えにくいことから精神的に不安定な状態に陥っていることを加味しメンタル面の改善も考慮した。「首肩こり」「メンタル面」「睡眠」3つの施術方針を軸に施術を行なった。

14回目の施術では耳鳴りは消失していた。その後もペースを施術を続けているが、耳鳴りは消失したまま生活できており精神的に安定している。

 

使用した主なツボ

耳衝L 精定L 安床L

考察

耳鳴りにより睡眠が取れなくなり、精神的にも追い込まれていた。そのため、負の連鎖から抜け出し、もとの生活を取り戻したいという本人の気持ちが強かった。耳鳴りが出る時間や体調の変化をメモしてくれていたこともあり、施術方針が立てやすかった。