発症14日目で来院。水が口からこぼれていたが、3週間で改善した症例

お客様

30代 男性 WEBサイト運営会社勤務

来院

2019年10月

症状と来院理由

来院2週間前の朝に顔の右側に違和感を感じたが、気にせず普段通りの生活をしていた。 

その2日後に顔の右側が動かなくなり、病院を受診した。その時に顔面神経麻痺と診断され通院した。ラムゼイハント症候群かベル麻痺かは不明と病院で診断。

ステロイド治療を数回行い、口から水がこぼれなくなるまで回復した。

しかし、目が閉じきらなかったり、力の入りにくさ、耳の後ろに刺すような痛みを感じていたため、少しでも早く治したいと思い来院された。(発症から12日)

治療内容と経過

初診時(発症12日)

目を閉じると右のまぶたは閉じきらない状態で、笑った時の口角の上がり方の左右差が顕著だった。

触診をしてみると、顔面神経への血流を妨げる箇所(首・肩)にコリを確認。

それを緩めるために手足に鍼をした。すると、施術直後に顔の軽さを患者自身が自覚した。

2・3回目の施術

耳の後ろの刺すような痛みが少なくなり、笑った時の口角の上がり方が、以前よりも改善がみられた。

5回目の施術

口角の上がり方に左右差が見られなくなり、自然と笑えるようになってきた。

7回目の施術

目を閉じた時に右のまぶたも閉じきることができるようになった。

10回目の施術

患者自身は日常生活において、顔面神経麻痺の症状は感じなくなっている。

以降は、軽い共同運動があるため完治に向けて週1回で治療を継続している。

 

主に使用したツボ

張陽R G衝R 下肩内R

考察

病院のステロイド治療を行なっている最中で、発症から12日で、比較的早期に鍼灸施術を行うことができた。このため、初回から患者自身が変化を感じられるくらい、順調に回復していった。

発症から治療までの期間が早いほど、改善の実感も早くに出る傾向があると考える。