首のコリから顔面神経麻痺を疑い来院、3週間で改善した症例

お客様

20代 男性 フリーター

来院

2020年3月

症状と来院理由

昨晩から首のコリを感じ、食事での味が変に思った。以前にも左顔の顔面神経麻痺を発症しており、当院で回復した。その時と症状が酷似しており、また顔が動かなくなってしまうのではないかという不安から当院に連絡があった。

就職活動をしておりこのままでは就職ができるかも心配になっている。来院時は右顔を動かすと若干の違和感があり、耳の後ろの痛み、味覚が感じにくい状態。

施術内容と経過

初回、麻痺している部分はみられなかった。触診すると顔面神経に関わる部分にコリがみられた。さらに耳の後ろに触れると圧痛が見られたため手に鍼をすることでアプローチをした。明日以降、顔の動きが悪化すること、耳鼻科を診察するよう伝え施術を終えた。

2回目、翌日から顔の動きが悪くなり瞬きができず、笑えなくなってしまった。耳鼻科でベル麻痺の診断を受けた。

3回目、前回より顔の動きが良くなっている感じがあり回復傾向にある。週に3回の施術を続けることで、日が経つにつれ回復していき3週間で元の顔を取り戻した。

主に使用したツボ

後谿R  面谷R  天龍R

考察

顔面神経麻痺は発症から10日ほどは神経の炎症が強くなり症状が悪化、麻痺が進行する。今回のケースは麻痺が起こる前から炎症を抑えることができたので悪化する期間が短く済んだ。初回の施術で麻痺が悪化することが伝えていたことで不安が少なく施術に専念できてよかった。

顔面神経麻痺について詳しくはこちら

顔面神経麻痺

この記事に関する関連記事