美容整形の後遺症が、アゴの施術で14回で改善した例

お客様

20代 女性  人前に出る仕事

来院

2020年1月

症状と来院理由

来院の2週間前に、バッカルファット除去術を行った際に、唾液腺を損傷し、そこから唾液が漏出したため、顔がひどく腫れた。

1週間程度で腫れは引いたが、その後、顔の右側が徐々に動かなくなっていった。病院では、腫れたことによる顔面神経の圧迫が原因の麻痺と診断を受ける。

固形物の飲食を控え、当院にいらした日からステロイド治療を開始した。

 

症状は右側の口角が動かない、睡眠時に口が閉まり切らず開いてしまうため、乾燥して咳き込む、頬に痺れとにぶさがある。

まぶたが閉じないため、目の乾燥によるかすみと涙目がある。

映像の仕事があり、笑顔が作れないと仕事にならず、このまま治らないのではないかと強い不安を感じていた。

病院での治療と同時にできるものはないかと調べ、鍼灸治療があることを知った。

当院のホームページのお客様の喜びの声にある、顔面神経麻痺の施術前と後の動画を見て、自分もこうなりたいと思い来院した。

施術内容と経過

初回

問診時に歯ぎしりをすることと、食事を右側で噛むことを聞いていたため、右のアゴを触診したところ、強いコリがあった。

腫れが引いた後に、麻痺が発症したため、圧迫だけが原因ではないと仮定して施術をした。

アゴのコリを緩めるため手のツボに鍼をした。

 

4回目

少しずつまぶたが動くようになっている。

それに伴い、涙目になる頻度が少なくなってきた。

口角の動きはまだ左右差がある。

今回から首のコリを緩めるために、腕にあるツボに鍼をした。

 

7回目

まぶたが左右差なく閉じることができる。

涙目になることが全くなくなった。

口角が動くようになってきた。まだ笑顔になった時は左右に差がある。

 

11回目

仕事で撮影した笑顔の写真を見て、麻痺があることがわからないほど自然に表情を作れていた。しかし、自覚的には口角周辺にこわばりを感じる。

 

14回目

仕事中に顔面神経麻痺のことを考えることがなくなった。

口角のこわばる感覚もなくなり、どんな表情を作っても違和感なくできている。

主に使用したツボ

顎門R 枕柱R 阿海羽R

考察

外科手術での唾液腺損傷による、腫れで顔面神経が圧迫されたことが引き金に発症した。

だが腫れが引いた後に、麻痺が発症したため、圧迫だけが原因ではないと仮定して施術をした。

損傷部位周辺には、守ろうとする働きから、筋肉にコリが出現することは少なくない。今回は歯ぎしりの習慣がコリを助長させ、顔面神経を圧迫していたケースである。