薬で改善しなかったラムゼイハント症候群

お客様

30代 女性 アパレル

来院

2017年 7月

症状と来院理由

2週間前、朝起きで歯磨きをしていると口から水がこぼれてきた。何かおかしいと思い、病院の内科に行き、すぐに耳鼻科を紹介された。

耳鼻科で「顔面神経麻痺(ラムゼイハント症候群)」と医師に言われる。薬を開始したが、回復の兆しが見えない事が不安になり、インターネットで他の方法を探す。

鍼灸の事を知るが、鍼に対する恐怖が強かった。そんな中、「顔に鍼をしない」方法を知り、勇気を出して当院に来院。

施術内容と経過

自覚症状はないが、頚の前側(胸鎖乳突筋)の緊張が強いため、手と足に鍼をした。すると、初回の施術からまばたきが動くようになった。

その後も頚の筋肉を柔らかくするように鍼をしていった。すると5回目には全ての動きが滑らかに出来るようになり、見た目では病気を感じさせないくらいまで回復。

その後は動かした時に本人が感じる違和感をなくすために背中や足に鍼を行った。合計1ヶ月の施術で元通りの顔に回復。

主に使用したツボ

転龍R 肩内R 張陽R 膝陽関R

考察

難治性と言われるラムゼイハント症候群であっても、適切な頻度で施術が出来れば回復する事は少なくない。発症当初が一番回復するチャンスでもあるため、短期間で集中して施術をする事の重要性を再確認した。

勇気を出して鍼を選択し、信頼して身体を任せて頂けたことに感謝したい。

顔面神経麻痺について詳しくはこちら

顔面神経麻痺

この記事に関する関連記事