耳周辺の激痛からのハント症候群

お客様

50代 女性 専業主婦

症状と来院理由

3日前の夕方、たばこがうまく吸えない事で異変に気付く。数時間後には耳周囲の頭痛と耳の腫れが出現。鏡で顔を見ると、眉毛の高さが違っていた。急いで地元の耳鼻科にいき、「ラムゼイ・ハント症候群」で7日~10日かけて悪化していくと医師から言われる。薬の使用を開始。

翌日、顔の麻痺と頭痛(ビリビリと走る痛み)が悪化。聴力も落ち始め、めまいで歩行に支障が出ていた。

心配した長女がインターネットでハント症候群について調べると、鍼が有効と知り、ハント症候群の実績がある当院を選択。

施術内容と経過

来院時には口の麻痺が強く、食事が摂れない状況だった。口の麻痺を改善するために背中と手に鍼をした。

すると初回の施術直後には麻痺していた口に感覚が戻り、力が入るようになった。2回目の施術後には口が動くようになり「イー」が出来るようになった。

その後7回の施術でほぼ元通りまで回復。最後に再発予防の施術を行い、計10回で当院を卒業。

主に使用したツボ

治谷L、下肩内L

考察

後遺症が残りやすいハント症候群であっても、発症から3日で鍼を開始し、週2回の集中施術が早期改善に繋がった。

また、家族の支えも重要だった。自宅が遠く、めまいで外出が困難な状態だったが、旦那さんが仕事を休み、車で片道1時間半の送り迎えをし、週2回の通院を可能にしてくれました。

ご家族のサポートがあっての結果だと思う。

顔面神経麻痺について詳しくはこちら

顔面神経麻痺

この記事に関する関連記事