ドクターに顔の動きの回復の早さを驚かれた症例

お客様

40代 男性 技術職

来院

2019年11月

症状と来院理由

2週間前に耳の後ろから顔にかけて違和感があった。気のせいかと感じたが、日に日に違和感は強くなり右の顔が動かなくなった。

病院へ行くと、顔面神経麻痺と診断され、筋電図の検査では20%だと言われた。1週間薬を飲み続けるも顔は動かず不安になった。口周りが動かず食事が取り辛い生活が続いている。

薬を飲みきり、次の病院の診察日まで1週間以上あり、何かできることはないかとインターネットで調べたところ、当院のHPで首や肩のコリが顔に影響しているを知り、早く改善できるのではと考え来院された。

治療内容と経過

顔面神経が通る耳の周りにコリや圧痛が見られたため、手に鍼をし緩めた。さらに背中の緊張も強かったため鍼をした。

2回目、口が少し動きやすく食事が取りやすくなった。施術を続けることで5回目には、口に物が溜まることが減った。

7回目には口角が上がり、まばたきもしやすくなり、見た目にはわからないまでに改善した。後遺症を出さないようにしたいと本人の希望があったため、さらに継続して施術を行った。

主に使用したツボ

面谷R  天龍R 赤翼R

考察

発症から1ヶ月で見た目にわからないほど回復したので病院のドクターも早さに驚いていたと言われた。発症からの施術までの期間が早かったことが最大の要因だと感じる。また生活指導も早くから実践してくれたことも結果につながった。