発症から2週間で来院。2ヶ月で改善したハント症候群

お客様

10代 女性 中学生

症状と来院理由

5/24 夜、右耳が聞こえ辛くなる。

5/25 笑うと右顔が動かないことに気づく。イヤホンをすると耳が痛む。

5/26 耳鼻科を受診し、耳の中が赤いと言われ、「顔面神経麻痺」と言われ、大学病院を紹介される。

5/28 大学病院を受診し、「ラムゼイハント症候群」と診断。点滴、投薬、ブロック注射を行う。

柳原法では12点。

病院だけでは不安を感じたお母さん。インターネットで調べて、顔に鍼を刺さない当院を選び来院。

施術内容と経過

1回目

顔の動きをチェックすると、目は多少閉じるが、「イー」が全く動かず、うがいが漏れる状況だった。

身体をみると首に強い圧痛がある箇所を突き止めた。その箇所が緩むように、手足に鍼をした。すると頬に力が入るようになり、「イー」に動きが出始めた。

2回目

学校で友達から「動くようになったね」と言われる。引き続き首が緩むように鍼を行った。

6回目

病院の検診で34点(柳原法)と言われる。腰の硬さを解消し、顔がさらに動くようにアプローチする。

16回目

顔の動きに左右差がなくなり、本人が顔の事を気にしないようになったため、施術を終了。

 

主に使用したツボ

天竜R 張陽R 腎兪R

考察

子供が鍼を受ける事は、まだまだ多くはない。

当院の顔に刺さない技術であれば、鍼が怖いと思っている人も救えるかもしれない。

子供が顔面神経麻痺になってしまい、悩んでいるお母さんに読んでほしい症例である。

 

顔面神経麻痺について詳しくはこちら

顔面神経麻痺

この記事に関する関連記事