上咽頭炎によって引き起こされためまいが改善。

お客様

30代 男性 出版社

症状と来院理由

2017年11月、風邪を引いた。数日すると風邪は治ったが、声が出ず、息切れがする。後鼻漏の症状や後ろに引かれるようなめまいが常に起こるようになる。ネットで検索すると「上咽頭炎ではないか」と疑った。Bスポットを行っている耳鼻科を受診すると、上咽頭炎と診断された。週2回のBスポットを行い少しずつ症状は落ち着くが息切れ・めまいが治りきらない。

2018年12月、めまいが悪化し立ちくらみもある。めまいがさらに悪化し、このままでは仕事に影響をきたしてしまう。Bスポット以外の方法を探した 。

当院のHPを見て、自分と似た症状のことが書いてあり、専門的に取り組んでいるところに惹かれ来院された。

施術内容と経過

上咽頭炎を訴える方の特徴的な頚のコリがみられた。そのコリを緩めるために膝と手のツボに鍼をした。

2回目、前回からめまいがの頻度が減った。Bスポットでの悪化が懸念されるため行かなくなった。めまいの背景には上咽頭炎が影響していると考え、施術を行った。

施術を続けると、さらにめまいの頻度が減り5診目では息苦しさは多少あるが、めまいは起こらなくなった。再発を防ぐために、その後も週1回のペースで治療を続ける。

10回目めまいが起こることなく生活できており、耳鼻科でスコープを行うと炎症も引いていた。

使用した主なツボ

合谷L  膝陽関L  緩項L

考察

めまいで悩んでいる方には特有の頚のコリがある。そのコリを取り除くことで早期にめまいが治るケースは多い。

また上咽頭炎が背景に隠れている場合、めまいの症状が治まったとしても再発する可能性がある。上咽頭炎を改善させることが根本的な原因の解決になる。