飲み会の後や喋りすぎた翌日に喉に激痛が走っていたのが改善。

お客様

20代 男性 会社員

来院

2019年7月

症状と来院理由

2年前に扁桃炎を起こし、改善した後も喉の痛みが続いた。耳鼻科へ行くが原因がわからずいくつもの病院を受診した。

1年後、慢性上咽頭炎と診断されBスポット療法を行なった。直後は喉の痛みは軽減するが、すぐに痛みが戻る。特に飲み会の後や喋ったあとは喉に激痛が走り翌日仕事に支障が出る。

1年通うも改善がみられず完治させる方法はないかとネットで、慢性上咽頭炎について調べると当院のHPで改善している方の声を見て来院された。

施術内容と経過

上咽頭炎の方に特有の首のコリが見られた。手のツボに鍼をすることで、首のコリが緩んだ。また後頭部近くの圧痛があったので足にも鍼をした。

5回目までは症状の変化はみられなかったが、その後から痛みを感じる日が減った。

8回目、日常的には痛みがさらに軽減しており以前と比べると明らかに生活が楽になっている。

13回目、飲み会の後は時々喉が腫れたような感覚になるが、長く喋っても痛みはなく、調子の良い日が続いている。

少しずつ、お酒の量を減らし施術を継続。

使用した主なツボ

中項R 泉頂R 天R

考察

上咽頭炎の悪化要因の1つとしてお酒がある。お酒は体で熱を作りやすく、過剰に作られた熱が上咽頭炎付近の炎症を強くしてしまう。日常生活で余分な熱を作らないようにすることで上咽頭への負担が減り改善する。