上咽頭炎によるガラガラ声が改善した症例

お客様

50代 女性 コールセンター

来院

2019年10月

症状と来院理由

5ヶ月前に喉に違和感があり喉がガラガラになった。耳鼻科へ行くと声帯がむくんでおり、声を出さないよう指導された。仕事を休み声を使わないようにしていたが改善は見られなかった。

風邪を引いてからは喉の痛みも現れさらに声が出しにくくなった。別の耳鼻科へ行くと上咽頭炎だと診断されBスポット療法を受けることになった。

しかし、改善がみられず他に方法はないかと検索したところ当院見つけた。喉や上咽頭炎を専門的に診ているところに安心し来院された。

 

施術内容と経過

首コリの自覚があるとのことから診てみると、上咽頭炎特有の首コリの位置と一致した。コリを緩めるために手と腰に鍼をした。

6回目、少し声の出は良くなったが痛みが続く。病院でのBスポット療法と併用して施術を行なっていたため、Bスポットを中止してもらい施術を続けた。

8回目の施術の際、喉の痛みが楽になってきたと感想を得た。

13回目には少し声の出しにくさはあるものの喉の痛みは消失した。その後も繰り返し施術をし、声も出しやすくなった。

 

使用した主なツボ

緩頂R  黒紋R 背流R

考察

Bスポットを中止してから喉の痛みが治まった症例。Bスポットは直接上咽頭部分を擦過する。擦過による瀉血、消毒することで炎症が改善するのだが、時に逆効果になる場合がある。その擦過による激痛が炎症を悪化させてしまうと考えている。